地震に次いで怖いと思われるのが火山噴火に爆発です。これは自信も同時に起こってきて、火山灰などの健康被害なども深刻です。各火山で活動し噴火そうなところは日本全国に点在しており、自治体や気象庁が発表する情報をこまめにチェックしておくことは大事です。特に兆候に関しては敏感に察知し、避難の術W考えておく必要もあります。兆候の代表的な物は地震であり、また地割れや水位の変化で魚介が死滅などすることも兆候として挙げられるのです。こうした兆候を察知したなら噴火警戒レベルと言って気象庁が発表するものに注意深く目を向けておきましょう。万が一噴火した際には早急に河口付近からは非難し、火山灰などが目や肺に入らないようにすることも大事です。