日本に住んでいる以上、いつどこで起きるかわからない災害。東日本大震災の際は、飼い主とはぐれてしまったペットが多く取り上げられました。ペットは大切な家族の一員であるため、災害時にも適切に対応して、ペットの安全も確保する必要があります。

ここでは、ペットの防災対策にフォーカスを当て、災害が起きる前に事前にできることについて解説していきます。

事前にできるペットの防災準備について

災害が起きる前に、ペットの防災準備をしておく必要があります。さまざまな観点から災害が起きる前に事前にできることについて見ていきましょう。

しつけの必要性

災害時に避難所などで避難する場合、ペットを連れて行くことでトラブルを巻き起こしてしまう可能性も否定できません。

そのような場合は、待て!や、おすわり!など、飼い主の指示に従って動けるよう訓練をする必要があります。

また災害が起きた場合、人が一度に大勢移動することもあるため、キャリーバッグやリードを使って避難しましょう。

他の避難者に迷惑がかからないよう、粗相や無駄吠えしないなども事前にトレーニングしておくとよいです。

飼育場所の安全管理

災害が起きた際、家で落ち着いて対応するシーンもあります。ペットを飼育している環境について再度見直し、安全管理をしましょう。

ケージなどで飼育をしている場合は、周りの家具などが倒れてこないかなど注意する必要があります。また、災害が起きると、動物はパニックに陥る可能性も十分考えられます。ペットが動きまわり暴れることで、人の手が届かない場所に逃げ込んでしまうこともあります。逃げ込みそうな場所には、しっかりと何かのものなどでふさいでおくとよいです。

また、玄関から飛び出してしまうこともあるため、玄関にペットゲートなどがあれば安心できます。

迷子対策

避難している途中で、ペットとはぐれてしまうということがあります。その際、首輪と迷子札をつけておくとよいですが、脱落する可能性も否定できません。

本格的に防災対策を行うのであれば、首輪や迷子札はもちろんのこと、マイクロチップを埋め込むと迷子になったときに役立ちます。

マイクロチップを埋め込めば、脱落することがないため、ペットとはぐれてしまった場合も探しやすくなり、確実な身元証明となります。

ペットとはぐれてしまった場合、飼い主としてできることとして、ペットの写真を持っておくことが効果的です。スマホなどに写真を保存しておけば、探す際に手掛かりになります。

まとめ

ペットがいる家庭で災害が起こった場合、事前に準備しておかなければ、慌ててパニックに陥ってしまうこともあります。災害で避難する場合は、人間もペットも不安に感じます。少しでもその不安を払拭できるよう、ここで紹介した内容を実践し、もしもの時に備えておきましょう。