災害が起きた場合、災害車に避難して寝泊まりをする車中泊が注目を集めつつありますが、犬や猫などのペットがいるご家庭だと、ペットも一緒に避難しなければなりません。その際、車のシートに匂いがついたり、暴れたりすることもあるでしょう。

ここでは、災害時ペットと一緒に車中泊する場合の注意点について解説していきます。

災害時にペットを連れて車中泊する際の備えや注意点とは?

ペットを連れて家族でお出かけしたことがある家族は、ペットも車に乗ることは慣れているかもしれませんが、あまり車にペットを乗せないという方は、落ち着かないことがあります。

そこで、災害に備えて車内で短い時間過ごすことに慣れさせます。その際、車は動かさなくてOKです。自宅でペットがお気に入りのアイテムなどを一緒に持ち込むのもおすすめです。

また、トイレについても工夫が必要です。犬の場合はトイレシートで慣れさせましょう。猫の場合は、使い慣れているトイレを使用するようにしてください。

ペットが快適に過ごせる工夫をする

いざ災害が起きて災害車に避難する場合、ペットが快適に過ごすための工夫が必要になります。

以下の点を工夫しましょう。

トイレの工夫

犬や猫が粗相をする際、車内が汚れないように工夫することが必要です。トイレの設置はラゲッジがおすすめです。もしラゲッジのスペースがあまり確保できない場合シートに設置しますが、その際板を敷いてあげることで足元が安定します。また、誤って粗相する場合もあるので、シートには防水シートを敷いてあげると安心です。

ケガの防止の工夫

車には隙間や金具などがあるため、ペットが動き回ることでケガをしてしまう心配があります。隙間にはタオルなどを詰めて隙間をなくしたり、金具などはひっかからないようにテープで養生したりしましょう。

車内での避難時の過ごし方

車内で過ごす際の注意点ですが、ペットを社内で留守番させる場合、車内の温度に注意しましょう。エアコンを切った状態で夏場に留守番させるのは危険です。少しの時間であれば、エアコンをつけておき、車内の温度を調整しておきましょう。

また、ペットはドアや窓から急に脱走する恐れがあります。ドアや窓はしっかりとロックしておきましょう。また人が乗り降りするときも急に飛び出すことがあるので、注意してください。

その他、脱水症状にならないよう、定期的に水分補給させてあげることや、誤飲の事故を防ぐため、ゴミなどはなるべく溜め込まずこまめに捨てるようにしましょう。

まとめ

災害時にペットと一緒に車で避難する場合は、ある程度慣れが必要です。日頃からペットを車に乗せて練習することも大切になってきます。

災害はいつ起きるかわからないため、災害が起きてしまった時慌てないよう、家族の一員であるペットも一緒に安全を確保するようにしてください。